世界の女性の脱毛意識

日本では最近男性でも体毛を気にする人も増えていて、脱毛する人の方が多いかと思いますが、これは世界中でも同じなのでしょうか?
少し前に脇毛を処理せずに公の場所に出たイギリスのハリウッド女優のことが話題になりましたが、このニュースを見ても日本とは少し考え方が異なるのではないかと思います。
世界の女性の脱毛意識
1、アメリカの女性
アメリカの女性が日本の女性と何が違うかといえば、それは体毛の色です。
金髪など体毛の色が薄いので、日本人女性の様にムダ毛が目立たないので、
一見ツルツルに見えても、実はあまり手入れしていないという人も多い様です。
ただし、デリケートゾーンの脱毛に関しては処理することが当然という考えの人が多く、日本よりもVIOゾーンの脱毛が重要な様です。

2、ヨーロッパの女性
ヨーロッパといっても国により様々ですが、アメリカと同様、体毛の色が薄いことから気にしない人も多い様です。
セルフ脱毛をする人が多く利用されるのはワックス。
最近ではレーザー脱毛をする人も増えている様ですが、価格が少し高めだそうです。
アメリカ同様、VIOゾーンの脱毛率はかなり高くなっています。

3、韓国の女性
ムダ毛のことを異常に気にする人が多く、少しでも生えているのは我慢できないという話も聞きます。
KPOPアイドルの人気は日本でも広く知られていますが、露出の多い衣装を着ている女性が多く見られ、
みんなお人形の様にツルツルに脱毛されています。そんな憧れの存在を真似する女性も多く、日本ではまだ気にしない様な低年齢の子でもムダ毛を気にする傾向にあります。
国によって脱毛意識は少し異なりますね。
比較的体毛が濃い色の日本人はやはり韓国同様、ムダ毛を処理してツルツルにしたいという傾向にある様です。
日本にはセルフでできる脱毛クリームやワックス、エステサロンでの脱毛、
クリニックでできる医療脱毛などがあり、自分の希望や予算に合わせて脱毛をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です