ワキのムダ毛に関しての「常識」の根拠や成り立ちってなんなのか

肌のトラブルとは縁遠く過ごしてきた自分が思わぬところで自らの肌の繊細さを発見したのは、ムダ毛処理を考え始める中学一年生の頃です。
とはいえ、流行に敏感だったりお姉ちゃんがいるような同級生に比べればまだまだ子供で、ワキだけはなんとかしないとまずいよな…とかそんなものでした。
ワキのムダ毛に関しての「常識」の根拠や成り立ちってなんなのか
まだしっかりと生えていたわけではありませんが、その部分がツルツルではなくなっていたので、それを着替えや水泳の時に同級生にみられるのは嫌でした。
父親のカミソリを借りて石鹸で泡をだてたものをつけて恐る恐る刃を当てました。
かなり小心ものだったので、とにかくそっとやったのを覚えています。

しかし結果は、それから一週間はワキに違和感を感じて辛いのが治らない程のカミソリ負けでした。
それから何度かやり方やかみそり自体を変えたりして挑戦しましたが、慣れで少しはマシになったものの、自己処理が憂鬱になるくらいには毎回ヒリヒリして困りました。

友人に聞いても親に尋ねても「そんなに酷くなったことなどない」と言われ、体質的なものかと諦めましたが、ほかの場所ならばいざ知らず、ワキは社会人としてはほぼ常識のレベルでムダ毛処理している場所ではないですか。
くだらないですが本当に困った気持ちになり「男性はいいというかむしろ剃っていないのが常識で、女性は絶対剃っているのがマナーっておかしいだろ!」と怒ったりしていました。
現在は脱毛の処置を受けたことで解決したこの悩みですが、いまだにワキのムダ毛に関しての「常識」の根拠や成り立ちってなんなのかな…とふと考えます。